和菓子のお店 そう㐂庵

神奈川県小田原市城山1丁目29番16号

そう㐂庵へのルート(地図掲載)

この度は、和菓子のお店 そう㐂庵のブログにご訪問いただき、ありがとうございます。
ブログ担当の茶ゐ子です。
こちらのブログをご覧になってからご来店くださる方も多くいらっしゃり、
伺うたびに心躍っております。ありがとうございます。
 
そう㐂庵は住宅地で営業しておりますため、たどり着かれるのに苦労される方もいらっしゃるようで、大変恐縮です。
こちらの投稿にGoogleマップを掲載いたします。アプリをお持ちの方はご活用いただけますと幸いです。
もし、別の地図アプリをご利用の方は、お手数ですが下記住所にてご検索ください。
ご来店、心よりお待ちしております。

【所在地・連絡先】
〒250-0045 神奈川県小田原市城山1丁目29-16 
0465-66-0051
【営業時間】
月・木・土・日 10時30分~17時00分 
火 10時30分~14時30分 
金 10時30分~12時30分
水 定休日

今週(10/10〜15)の季節の和菓子

f:id:soki_an:20191010105229j:image

月鈴子

月うさぎ

 

今年の十三夜は明日、10月11日だそうです。

新月から数えて13日目、秋の豊作を祈り、また祝った日本(というか和の国)で生まれた月を愛でるイベントです。(十五夜は中国の歴史が由来です)

 

13日目ということで、満月の少し手前、八割ほどの月だということですが、

満ち満ちていくその姿に、豊かさを感じるのは

なんだか今の時代にも共感できます

 

そんなイベントにあわせて

月にまつわるお菓子を今週は二つご用意してみました

台風の接近前、

関東はギリギリ明日は晴れてるでしょうか

 

各地の無事故を祈りつつ、月を眺めれたらと

お天気を願います

 

今週もご来店お待ちしております

今週(10/3-8)の季節の和菓子

f:id:soki_an:20191003110336j:image

 

まさり草

唐錦

 

10月になり、重陽 【菊の節句】が近づいてきました。

そこで、まさり草を今週はお作りしております。

 

私、何度か歌舞伎にはご縁があり、

拝見したことがあるのですが、

実は能は、高校の時に少し見ただけで。

 

そんな時に、まさり草のお菓子について学ぶ中で、

能の【松虫】に出会い、その謡曲を読んで

感じ入りました。

切ない、でもとても美しいお話です。

月夜に酒売と客が会話しているのですが、

話の中で菊が登場し、その美しさがピンと秀でています。

お謡の中に【まさり草】と詠まれてるところも響きがまた綺麗で、際立って感じました。

 

まさり草のお菓子も、

月光に照らされてるような、すけた白い花びらが、この話にぴったりだな

と思いました。

一度、能楽堂でみてみたい。

そう思っています。

芸術の秋、皆様も、素敵にお過ごしください。

 

今週もご来店お待ちしております。

 

臨時休業のお知らせ(9月30日月曜日)

お客様各位

 

本日9月30日(月)

都合により、お休みとさせていただきます。

急なご連絡で恐縮ですが、

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

店主

(徒然)小田原の魅力を発信したい

こんばんは、茶ゐ子です

小田原でお店をオープンして早2年

小田原の自然や街並みに、耳を傾けて過ごすことが増えました

 

幼い日の記憶とは変わってしまったものもあるし、気づかなかった魅力もあるし

今、とても小田原が好きです

そして、ここで母が和菓子のお店をさせていただくこと、とても嬉しく思います

城下町だから、当然の花嫁修行で母は習っていたものと思い込んでいましたが、

小田原の歴史、文化を少しずつ見聞きするうちに、このまちは茶道においてとても深い縁があり、別の地とはまた違う「お茶を嗜む」文化が今も息づいているのだと知りました。

 

この度、旅サイト(trip partner)さんで小田原をお取り上げの際にお手伝いをさせていただきました。

https://trip-partner.jp/900

 

またこのような機会があったら、もっとコアな小田原の魅力をお伝えしたいと思います。

アドバイス・オススメ情報いただけましたら、繋げていきますので、是非ご教示ください。

お茶のこと、和菓子のこと、当店のこともご紹介できたらよいな、と願いつつ。

 

徒然に

 

今週(9/19〜24)の季節の和菓子

f:id:soki_an:20190919102339j:image

野菊

山路

 


今週に向けて、店長は栗仕事に励んでおりました。

栗の美味しさを引き出すための知恵(裏技?)をきき、勉強になるな、と思いました。

 


便利な世の中になり、冷蔵庫なども野菜室やチルド室など、食材を美味しく食べるための性能が色々。

機械任せで食べごろにしてくれる昨今です。

 


そんな多機能家電の誕生に妄想をめぐらした時、古くからの知恵がベースにあるものも多いのでは?と思ったりしました。

さらに、その知恵が食材の美味しさについて研究したエビデンスで裏打ちされ、機械で再現できるようにする!という流れもあるのではないかな?と。

 


なんでこんなことを書いてるかというと、

一手間かけて、栗においしくなぁれ!と魔法をかけて、山路を作っております。とお伝えしたかったから。

 


是非秋の味覚を楽しみにお越しください。

お待ちしております。

今週(9/12〜17)の季節の和菓子

f:id:soki_an:20190912102939j:image

小芋

ささ栗

 

台風の後だからでしょうか

昨日の暑さから少し変わって

今日は、涼しい風

街ゆく人の服装も、秋めいた色

【秋支度】とはあまり言いませんが

そんな言葉がぴったりの日和だと感じました

 

今週のお菓子、

秋の味覚、2品です

芋ねえ、栗ねえという異名を持つわたくし

待ちに待った、ホクホクした甘さを楽しめる季節

皆様も、本物の芋・栗とともに

お茶席のお供に可愛い芋・栗をお楽しみください